先輩社員の声

P事業推進室・研究開発職  

「製造した化合物が初めて出荷されたとき」は
最も嬉しかった思い出

PROFILE

北村 優斗

生産本部・P事業推進室(尼崎事業所)・研究開発職 / 2018年入社

L・研究職・杉原さん
仕事内容について
所属するP事業推進室の『P』はPhosphorusの略で元素の『リン』を意味します。
私自身の仕事内容は主に電子材料等に難燃剤等の用途として使用されるリン原子を含む化合物の製造やその他化合物の受託製造です。
小スケールの合成検討からスケールアップした製造プロセスの検討まで幅広い検討をしています。
1日の流れ
担当する化合物の研究状況や製造状況により1日の流れは異なりますが、一例は下記の通りです。
朝礼 → 受託製造依頼化合物の製造・製造実績のある化合物の製法改善検討 → 昼食 → 午前中実施作業の続き → 作業結果のまとめ作成と結果に関するディスカッション → 明日以降の準備 (予定立てなど)
仕事のやりがい
研究職に就きたいと考えた理由が「自分で作ったものが身の回りの製品に使われて社会に貢献したい」というものであったので、「製造した化合物が使用され、かつ従来品よりも改善された」という話を聞いた際は貢献できていると感じ、仕事のやりがいに繋がっております。
仕事で一番嬉しかったエピソード
「製造した化合物が初めて出荷されたとき」は最も嬉しかった思い出です。
製造に携わった製品はもちろんですが、自社製品がユーザーに高評価であった際はいつも嬉しいですね。
KCを選んだ理由
尼崎事業所で工場見学をさせて頂いた際の雰囲気の良さや ”製品製造から分析”のように最初から最後まで自分の手で製造に関われる事も魅力に感じ片山化学を選びました。
KCの雰囲気/P事業推進室の雰囲気
KC全体では部署を越えてスポーツをする等の接点も有り非常に雰囲気は良いと感じます。
P事業推進室は風通しがとても良い部署で、例えば実験結果等で悩む事が有れば周りに相談しやすく、一緒に悩みながら解決方法を探るような雰囲気ですね。
仕事の厳しさ・大変な事
製品の使用目的によっては求められるスペックがとても厳しいため、その基準をクリアする事に苦労する事が有ります。
また、文献等で参考にした製造方法で製造した際に上手くいかないなどのイレギュラーが起こった時の対応も大変な場合が有ります。
注力していること・気を付けていること
「ひとつひとつの作業や操作の意味を考えて、速く・正確に実施すること」や
「お客様のスペックや要望に少しでも近い製品を製造すること」を心掛けています。
今後の目標
「現在検討中の化合物のスケールアップや量産化を進める事」や「従来品よりも効果的な更なる高価値品の開発を行う事」を今後の目標として考えています。
画像

スケールアップする際に利用する100Lの反応釜です。

画像

新しい化合物の研究開発に日々努めております。

画像

新たに開発した化合物の分析も自ら実施しております。

ページ上部へ戻る